なんJちゃんねるンゴ

2chにおける、なんJ板等の面白い、興味深いスレッドをまとめています。

 

芸能・テレビ・ラジオ等

vindex
1 風吹けば名無し 2019/08/17(土) 08:38:25.68 ID:/9pGxx7F0.net
毛量がエグい

2 風吹けば名無し 2019/08/17(土) 08:38:51.40 ID:Td4+dTgM0.net
小栗旬の従兄弟
index
【霜降り明星の粗品についてなんJ民が知ってること】の続きを読む

index
1 風吹けば名無し 2019/08/10(土) 20:40:20.77 ID:afXsPdc2p.net
水浴びしまくってたとか?

2 風吹けば名無し 2019/08/10(土) 20:40:50.96 ID:qwpnheVm0.net
江戸時代は日本の歴史の中でも寒冷な時期だったと何度言えば
  【江戸時代の人達がクーラーも扇風機も無しで猛暑を乗り切れた理由wwww】の続きを読む

71A2Sv5PgeL-373x507
1 J 2019/08/10(土) 07:44:10.73 ID:WyWNK3ed0.net
いま、小さな子供たちが夢中になっている曲があるんだそうです。それが、小3から中1の男女5人組ユニット「Foorin(フーリン)」が歌う「パプリカ」。

 作詞と作曲を米津玄師(28)が手がけ、“2020年とその先の未来に向かって頑張っている全ての人を応援する”という「2020応援ソングプロジェクト」として制作されました。ところが、当初の目的を超えて、いま社会現象になりつつあるというのです。

 ネットでも、驚きの目撃証言が続出。この曲が流れると、「10ヵ月の息子が泣き止む」とか、「スーパーで知らないこども同士の合唱になった」とか、「1歳児から4歳児が踊りまくってた」など、「パプリカ」旋風はとどまるところを知りません。

 当然、これまでにもみんなが口ずさめる曲や、振付けが大流行する曲はありました。
しかし、話を聞いていると、「パプリカ」はその両方を満たしているようなのです。一体、どこが魅力なのでしょうか?


わらべ歌的な歌心がある点が、米津玄師の強味

 まず、歌やサウンドの面から見ていきましょう。この曲が発売された当時、音楽プロデューサーの近田春夫氏(68)は、こう論じていました。

<展開が案外複雑というか、たとえば転調をしてみせたり、旋律もことのほか要素が多く、俗にいう“凝った作り”である。パッと聴いて子供がすぐに口ずさめるような歌では、必ずしもなかったのである。>(週刊文春2018年9月6日号『近田春夫の考えるヒット』 NHK2020応援ソング『パプリカ』は案外凝ってる より)


  【米津玄師作の「パプリカ」で子供たちが踊りまくる、大ヒットの理由】の続きを読む

HJWterS
1 風吹けば名無し 2019/08/04(日) 17:30:32.14 ID:R2go3/AHa.net
「宮迫博之」がフラダンスイベントに登場 本人が語った現在の心境

『FRIDAY』報道に端を発する「闇営業」問題は、8月を迎えても収束の兆しは見えず。吉本興業の“分裂”までもが囁かれる今、事態を招いた張本人は、何を思うのか。8月4日、吉本を契約解除された宮迫博之(49)の姿は神奈川県・茅ヶ崎にあった。

 宮迫、田村亮(47)を除いた11人の“謹慎芸人”たちが、繁華街の空き缶拾いに従事したのは先月末のこと。田村も、老人介護の勉強を始めたと、『女性自身』が伝えている。

 それぞれが贖罪の日々を過ごすなか、宮迫は茅ヶ崎に現れた。この日「茅ヶ崎市民文化会館」で行われた「Hawai'i 湘南フラフェスティバル」で、振り込め詐欺防止を促す啓発チラシを配るためだ。

「え、あれ宮迫さんじゃない?」
「写真撮ってもらおう」

 来場者はすぐに宮迫に気付き、こんな声があちこちから上がる。記念撮影にも気さくに応じ、かけられる温かい言葉に感極まったのか、宮迫は少し目を潤ませているようにも見えた。

 来場者の波が途切れたのを見計らい、宮迫を直撃すると―――

「ごめんなさい、(来場者に)迷惑がかかるので」

 場所を移し、改めて話を聞くと、こう語りはじめた。

「このイベントのお話は、友人が探してきてくれました。茅ヶ崎は振り込め詐欺の被害者の方が多いそうで、
このイベントも、以前から啓発活動に取り組んできたそうです。そういう場所に、少しでも顔が知られている僕が出れば、お役に立てるのではと思って、出させてもらいました……」

 このほか、“明石家興業”入りが囁かれる自身の今後、そして相方・蛍原徹への思いについても語った。8月7日発売の週刊新潮で、詳しく報じる。

HJWterS
【【朗報】宮迫博之さん、フラダンスイベントに登場、詐欺防止のチラシを配るも格好がふざけている】の続きを読む

このページのトップヘ